視力回復サプリランキングまとめ

視力回復サプリはどれがいい?

スマホやパソコンを見る機会が増え、視力低下が気になりますね。ふと遠くを観ると、ボヤけて見づらい、ということありませんか?そんな視力低下が気になる方は、次の成分を摂ることが大切

 

視力に良い成分
  • アントシアニン
  • ルテイン
  • ゼアキサンチン

 

いずれも、強い抗酸化作用を持ち、眼のピント調節、眼の老化防止などに働きます。中でも、アントシアニンは、古くから眼の働きを高める効果、眼精疲労の予防効果が知られています。視力回復に効果的な成分は、サプリからの補給が一番効率が良い。当サイトは数あるアイケアサプリの中から、きちんと成分含有量が明記された信頼できるサプリのみをピックアップしました。どうぞ参考にしてください。

 

めなりの特徴

めなりは、吸収率2倍のビルベリー、ルテインの力で視力回復をサポートするサプリです。1日目安2粒の中に、アントシアニン51mg(推定)、ルテイン12r、ゼアキサンチン2.4r配合。ビルベリーはブルーベリーに比べ、アントシアニンが5倍含有。特許製法で吸収率2倍、持続力2.5倍!ルテイン&ゼアキサンチンは一番効果のある黄金比率で配合。サポート成分として、βカロテン・クロセチン・アスタキサンチンなどをプラス。目の疲れ・ピントボケ・最近視力が落ちた、、などの方におすすめです。

価格 907円
評価 評価5
備考 アントシアニン51mg(推定)・ルテイン12mg・ゼアキサンチン2.4mgほか
めなりの総評

 

 

大正ブルーベリーの特徴

大正ブルーベリーは、製薬会社品質の目に良い成分を配合したサプリメントになります。疲れた目、視力が落ち始めた目におすすめのビルベリーエキスとルテインをダブル配合しています。アントシアニンが疲労した目の働きを高め、ルテインが目の老化を防ぎます。2つの成分の力が視力の回復をサポートします。当サイトより初回限定の約68%OFFの購入が可能です。

価格 1000円
評価 評価4.5
備考 アントシアニン24mg(推定)・ルテイン6mg
大正ブルーベリーの総評

 

 

アスタブライトの特徴

アスタブライトは、マキベリーとアスタキサンチンで視力回復をサポート。ブルーベリーを超えるアントシアニン量をもつ、マキベリーを使用。さらにルテインも配合しています。1日目安3粒にマキベリー100r配合。高い抗酸化作用をもつアスタキサンチンは8.1r配合。DHA&EPAをプラスして、有用成分をすみずみまで届けます。続けやすさのために、匂いや形にも工夫をこらしました。年齢とともに気になる視力の回復に。

価格 1834円
評価 評価4
備考 マキベリー・アスタキサンチン・DHA・EPAほか
アスタブライトの総評

 

 

視力回復サプリメントはどんな成分が含まれる?

 

 

視力を落とす要因として言われる眼精疲労を回復させるサプリメントも視力に有効なサプリメントです。必要なのは、ビタミンB群、アスタキサンチン、アントシアニン、ルテインといった栄養素になります。

 

アントシアニン

 

目にいいといわれているブルーベリーにも大量に含まれている成分です。アントシアニンが含まれているサプリメントは、目の感度を上げる効果が期待出来ます。

 

βカロテン

 

また、βカロチンを摂取することのできるサプリも、アントシアニンと同様に目の感度を高める働きがあります。これは、アントシアニン、βカロチンはどちらも体内でロドプシンの再合成を促すのですが、ロドプシンは光を感知するための重要な役目をもっているからです。

 

ルテイン

 

目の老化によって視力が低下することがあり、この場合はルテインが有効です。ルテインは葉の葉緑体や動物の卵黄・黄体などに含まれている色素ですが、このルテインは紫外線を防ぐ効果が高く、目の老化を止める効果があるのです。

 

目の老化に有効なルテインは、キャベツやブロッコリーの原種であるケール、花ならマリーゴールドに多く含まれます。味が独特なので人を選ぶ食材が多く、サプリメントが摂取しやすいので良いでしょう。

 

アントシアニン・βカロテン・ルテインが含まれたアイケアサプリはこちら

 

視力回復におすすめの食品は?

 

視力が悪くなる原因は様々ですが、そのひとつに食事があると言われています。逆に言えば、食事を改善することによって、視力の低下を抑えたり、視力の回復を期待することができるということでもあります。世界でも最も健康的な料理というのは、日本人が昔から食べて来た和食であると言われていて、最近はクールジャパンとして世界中に人気となりつつあります。これは、眼にも良い素材が多く含まれていることも評価されていると言えるでしょう。

 

黒ごま・黒豆

 

漢方では黒い食品は健康に良いというそうですが、「黒豆」や「黒ごま」は健康によく、特に目にもよい効果が期待できます。特に黒豆にはアントシアニンという成分が大量に含まれており、これが加齢や目の酷使によって衰える、色素体ロドプシンの再生スピードを促してくれると言われています。

 

視力回復に有効な食品として黒豆や黒ごまがありますが、これらを毎日摂取するというのは簡単なことではありません。また、毎日摂取するにも必要と言われる量を満たすのも簡単ではないので、こういう場合はサプリメントの出番です。

 

サプリメントは気軽に栄養を補給することができるだけでなく、吸収もよく、必要な成分だけを摂取できるので栄養バランスを整えるために有効です。黒豆、黒ごまがどうして視力回復に有効なのかといいますと、アントシアニンという成分が含まれているからです。

 

このアントシアニンには抗酸化作用があって、白内障を予防する効果が見られるほか、血液の循環を良くして目に栄養や酸素がしっかり供給されるようにしてくれるので、目の疲労を抑える効果もあります。黒ごまには、健康を脅かすストレス物質を除去するゴマリグナンという成分が含まれており、疲れ目にも有効な作用があると言われています。

 

にんじん

 

また、昔から目によい食品と呼ばれるニンジンですが、ニンジンには活性酸素を除去するβカロテンが多く含まれています。ニンジンジュースは手軽に飲むことのできるものですが、老化や様々な生活習慣病予防に有効で、かつ眼の老化が原因となる白内障や緑内障にも効果があると言われています。

 

βカロテンは体内に取り込まれてビタミンAに変わり、眼の網膜にある光の量を調整する視細胞の機能維持に必要になります。こうした食品をうまく摂取して、視力を保ち、より上昇させていきましょう。

 

視力回復にDHAも注目!

 

 

近年、DHAは頭を良くしてくれる栄養素として話題になり、このDHAを含む魚コーナーが非常に盛況となりました。実際、DHAには子供の脳の発達促進に効果があるほか、脳の活性化や、認知症の改善にも有効と考えられています。実はこのDHAには視力回復効果もあると言われているのです。

 

DHAとは?

 

DHAは脂肪酸のひとつで、不飽和脂肪酸と呼ばれる種類になります。つまり脂肪の一種ですから、何となく健康に悪そうなイメージがありますが、実は同じ脂肪でも血液の中にあるコレストロール値を下げる効果がある良い脂肪で、血液をサラサラにして動脈硬化を予防する効果を持っています。

 

一般的な食事では不飽和脂肪酸は摂取することができないために、意識して食物から摂取する必要があるのですね。逆に動物の脂やバターに含まれている飽和脂肪酸は血液中のコレステロールを高め、肥満やメタボの原因となル、似ていても非なるものですから注意しましょう。

 

DHAを摂るなら青魚を食べよう

 

DHAは青魚に含まれていることが有名ですから、サンマやサバ、イワシなどを積極的に摂取するのがよいでしょう。視力回復のためには、けっこうたくさん食べる必要があるように思えますが、毎食少しずつ摂取すればそれほど難しい量ではありません。

 

DHAが目にどのように働く?

 

DHAは脳や目の周辺の血流をよくしてくれるので、それによって目の筋肉をほぐしたり、目の周辺の細胞の活動を活性化させて視力回復を促してくれると考えられます。また、目の老化現象と言われる白内障に対しても効果があるそうです。

 

DHAの摂取は、全身の健康にとっても様々な好影響がありますから、積極的に摂取することが望ましいと考えられます。サプリメントも多いですから、ぜひ利用すると良いでしょう。

 

視力回復にオルソケラトロジー

 

最近はレーシックによる視力の矯正は一般的に行われるようになってきてどんどん定着していると考えられます。しかし、他にも視力矯正の方法はあり、そのひとつがオルソケラトロジーです。オルソケラトロジーは手術が不要なため、比較的リスクが少なく、また近視や乱視などレーシックができない場合にも効果があるので、近年注目を集めてきている視力回復方法の一つです。

 

オルソケラトロジーでは、特殊なコンタクトレンズで角膜を強く押さえ付け、角膜のカーブを変形させて視力を矯正します。そのため、レーシックのように手術の必要はありません。事前にレンズを特注するための検査が必要になるだけで、そのレンズは数年間利用することが可能です。使い方は簡単で、夜の寝る前にオルソケラトロジー用の特殊レンズをはめておくだけで、昼間はこのレンズを外して生活するだけです。個人差はあるものの、レンズによる角膜の変化は8時間から1日半ほど持続します。

 

簡単な手法ということが最大のメリットで、また安全性も高い点も高く評価されています。途中でやめたい場合もレンズを外しておけば良いだけで、あとは自然に元に戻るので、リスクが少ないと考えられます。一方、オルソケラトロジーでは弱い近視しか矯正することができず、極端な近視の場合には効果が出ないこともあります。

 

レンズが汚れてしまうと効果が落ちるので、レンズの手入れはしっかりしなければなりません。市販の一般的なコンタクトレンズよりオルソケラトロジー用のレンズは汚れやすいようです。そして、定期検診を受け続ける必要があるというのが忙しい人にとっては最大のデメリットです。ただ、検診を受けておかないと視力の回復効果が持続しませんので、しっかり通院するよう心がけましょう。

 

コンタクトレンズと眼障害

 

日本コンタクトレンズ協会が行った調査の結果では、国民の10人に1人がコンタクトレンズを使用しているそうです。これは日本だけで1500万人程度の人がコンタクトレンズを使用しているということですから、これはすごいことです。とはいえ、常時コンタクトレンズを使っているわけではなく、これは使い捨てコンタクトを入れた数字ですから、メガネと平行して使っているという人も含まれています。

 

コンタクトレンズが普及している裏で、実はこれに起因する眼障害も増えていると言われていて、注意する必要がありそうです。コンタクトレンズは傷が付きやすいので、日々しっかりとケアすることが大切なのですが、利用者が増える中で使用期限が守られなかったり、不衛生な使われ方も増えてきており、レンズの取り扱いについての正しい知識が不足しているケースも見られます。

 

コンタクトレンズによって生じる眼障害には、巨大乳頭結膜炎というレンズに付着したタンパク質などの汚れがアレルギー反応を引き起こす症状、また、角膜浸潤という、レンズの正しい用法を守らずに不衛生な使い方をすることで起こる眼障害があります。他にも角膜血管新生というものもあり、寝るときにコンタクトレンズをつけたまま寝てしまうことで起こる症状や、細菌性角膜潰瘍といったものがります。

 

細菌性角膜潰瘍は最も注意が必要な眼障害で、角膜に傷が付いて、病原性の微生物への感染で生じるものです。付着する菌によっては、最悪失明することもありますから、もしも症状があれば早めに病院で対処するようにしましょう。症状には、角膜に潰瘍が生じている、視力低下、充血、痛み、まぶたが腫れるといったものがあります。上記の症状のうち複数が見られる場合は早めに眼科で指示を受けましょう。

 

▼視力、目のピント調節の衰えに!